2008年09月03日

売買ルールと大数の法則

システムトレードのポイントは売買ルール。

長い期間の検証を元にした売買ルールはこれからも機能するであろうという「大数の法則」=確率論・統計学における極限定理の一つで、「経験的確率と理論的確率が一致する」 という、素朴な意味での確率を意味付け、定義付ける法則を基にしています。

簡単に言うとコイン投げの試行回数を限りなく増やせば、表が出る回数と裏が出る回数の比率はどちらも 1/2 に近づく。というものですね。

よって見つけた売買ルールが実際のトレードで有効かどうかを測るためには「検証」は必須です。

特に個人個人の資金によってもトレードにおける勝率、利益率は大きく変わる場合があります。

元となる売買ルールは書籍や情報商材で手に入れることが可能ですが、
その売買ルールが資金管理を踏まえたものであるかどうかが重要なポイントとなります。

情報商材の場合は、購入の前に作者にメールなどでお尋ねしてみることをオススメします。
誠実な対応をしてもらえるところは安心ですしね。

株 売買ルール

posted by シストレ at 15:45| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。